新しい発見がある今の電話占い

今の電話占いを利用していると新しい発見が常にあります。

コンプレックスの悩みも解決できる電話占い

コンプレックスの悩みも解決できる電話占い

占いには子どもの頃から興味がありました。占いに興味を持ったきっかけは容姿コンプレックスです。周りと比べてなにか損をしている気がして、悩んでいました。

高校生の時に初めてタロット占いをしてもらいました。しばらくはあまりぱっとしないが志望する大学へは入学できるとの話でした。

半信半疑で受験勉強をし、無事に合格しました。それ以来、なにかのイベントの前には占いをお願いしてきました。けっこう当たります。

同時に自分の意識も変わってくるのかもしれません。その後社会へ出て情報誌でアジアの占い師は人気があると知り、行ってみました。

香港と台湾、ベトナムでも試しました。ほとんどが手相をみる、という内容でしたが感覚としては「顔相」と思います。そういえば顔ってすぐには変わりませんが同窓会などで久しぶりに会うと顔、表情が違っていたりしますよね。

そこでさっそく人相学についての本を買い、自分である程度はみることができるようになってきました。著書によると同じ職業、似た生き方をする人の顔の相はたいてい似ている、とのことです。

テレビで見ていても政治家・大学教授・水商売従事者・ホームレス・公務員、とさまざまな職業の人の顔だちを画面を通してですがおおむね知ることができます。

けっこう似たかんじに仕上がっていると思います。ただしこれは客観的見方が大事で、自分の人相を自分が知る人相学には照らし合わせられにくい、という難点があります。

人は自分の決めたことを正当化する性質があり、悪い部分を良い部分ですべて消してしまうのです。ですから自分自身を自己流に占える、判断できるという人は稀なのです。

手相も同様、自分で自分をみて見極めることは困難です。人相を見てくれるところは日本では少ないのですが今後も定期的に通います。

予約をして対面して鑑定するので高額ですが、絶対当たるからです。

外部資料■電話占いヴェルニ|口コミで当たると評判の占い師に通話料無料で相談 https://vernis.co.jp/

私の手相占い体験

私の手相占い体験

私が人生で初めて手相をみてもらったのは、上海のとある高級ブティックが並ぶ一角にある小さな占いのお店。ここへは友人が連れてきてくれたのだが、如何せん占いなどはなから信じていない私。

手相を見てくれるという叔母さんに対しても高圧的な態度をとってしまった。地元では、当たると評判の叔母さん占い師は、手相の他にもタロットや水晶や姓名占いまでやってのけるというベテランらしい。

さて、叔母さんは徐に私の手を見る。先ずは虫眼鏡も使わずに肉眼で。

「キメが細かく白くてスベスベの綺麗な手をしておるね。女性らしい手だね」

とひとしきり褒める。そしていよいよ虫眼鏡の登場かっと思いきや、ルーペで手相を見る叔母さん。ざっくり結果を述べると、私は…?子宝に恵まれる?長寿?お金には一生困らない?愛情深い?何度か臓器系の病に苦しむだそうだ。

しかし叔母さんは最後に深刻な面もちで、こう言い放った。

「お嬢さん、貴女は大変珍しい手相を持っている。私も今まで一度しかお目にかかったことがない。お嬢さんは霊界と交信出来るね。それによって、将来を知ることが出来るね、そうでしょう」

いやいや、私は未来のことなど分からないし、そもそも霊という存在にも出会ったことがない。その旨伝えると、叔母さんは途端に声を荒げて、

「私の占いを信じないのか、愚か者めが」

と罵り始めた。こうして私の初めての占いは散々な結果に終わった。しかし、今振り返ってみると、半分以上が実現している。

あの叔母さんは本物かもしれない。

投稿日:2018年5月21日 更新日:

執筆者: